「ほっ」と。キャンペーン

あそびの中で見つけたすべての出会いを大切に。
by uuumerusieee
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ウラシンシンカイ
ウラシンシンカイ=裏心審会。

茶道の気の合う8人の女子で構成されている
お茶の先生たちには内緒の極秘会。


f0233772_11122329.jpg



私の習っている宗偏流には、
アンダー4?歳の心審会という会があって、
各支部ごとにいろいろな試みをします。

といっても、やはり茶道は、
若い人の会といっても、
先生方の中で、管理されていて、
なかなか自分たちの発想を思ったように
試せないのが現実です。

それがいいか悪いかってはなくて、
そのことによって守られているものも
あります。


なので、「心審会」の中では、
みなストイックに生き、
「裏心審会」という会を同志で行ない、
茶道&日本文化をまた別なスタイルで
楽しもうと企んでいます。

といっても、定期的な飲み会が主で、
普段の各社中のお稽古話や、
お道具やお花、着物、
普段、もやもやとしている
お点前の話、あれやりたいこれやりたい!など・・・
とても勉強になる上に、楽しい会です。

「今度は着物でお香(香道)にいって、
そのまま着物で飲みに行かない!!??」
「そんな大人数で今どき着物で夜、歩いたら、
どこの飲み屋のおねいちゃんたちだ!?って
びっくりされる!!
「すごい人気ものじゃん!」

なんて・・・。


f0233772_11114674.jpg

(2年前にはじめていったお香ゲームの採点表です)



そして、茶人おなごは酒が強い!

おしとやかなおなごが、
「久保田!!」
「八海山!!」
「ぬる燗で!」
「だら燗っていうんだよ!」
「いーや違うぬる燗!!」


・・・・・。

帰りに、靴の履き方がわからなくなって
しまうほど飲んでしまう、
この茶人たちが
私は大好きです。

そんな酔ぱらい茶人たち。
「こんなに酔っちゃうんじゃ、
着物で飲みにきたらはだけちゃうじゃんね。」
「花魁茶人だ~。」


そして、次に会うときは、
超まじめなお茶席だったりして、
目の前で、はんなりと着物を着て、
お抹茶を点てている姿を見ると、
静寂なお席で、笑いを必死にこらえ、
こちらも着物ではんなりと
にっこりしたりするんです。
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-26 11:25 | ちゃ
ヒポポタマスで音楽三昧

2日目ナイトは、中津ヒポポタマスで超贅沢ライブ。
「ザ・フライイング・タイガーエアフォースツアー」
と題されたマチュー・ハさんのツアー。



中津にあるヒポポタマスは、ロホレガロのベーシストのお店。
マチュー・ハさんの前に、
ロホレガロと、アニキさん(C-RAGさん)のライブもありました!
なんという贅沢な前座・・・・!!!!

まずは、アニキことC-RAGさんのライブ。
はじめてライブをみたC-RAGさんなのに、
はじめてじゃない感じがすると思ったら、
いろんな著名人の方に歌われているんだそう。
なるほど。サンスプラッシュにも出演したことが
あったり。
あー、私!サンスプラッシュのTシャツ!
昔、古着屋で買った!!!!!
すごくあたたかな声です。メロディです。
うまくいえません。
f0233772_22152084.jpg



ロホレガロは、きょんきょんから送ってもらっていた
CDとYOU TUBEの映像だけで、
実際のライブを見るのははじめて・・・
きょんきょん!やばい!!!!
唯一無二な音楽。
浮世的な雰囲気。
こちらもうまく伝えられません。
きょんきょんの魅力もうまく言えない。。。
でも、あの感じ。みててきいてて楽しい。
近いうちに福島でもやってもらおう!!!
と、思います。
音楽+お笑いの要素的なのが混ざりつつ、
音楽もいろんな要素が混ざって新しいものに
なってって、癖になります。
音楽も時代もなにもかもがミックスされている!


そして、マチュー・ハさん。
ブリュッセル在住?の彼。
きょんきょんから聞いていた。
彼はフランス語のように英語を話す。

話して納得。
優しい口当たりなフレンチ英語!
普通の英語さえわからない私。
単語さえなかなか聞き取れない!!!
そこにアニキことC-RAGさんがきて、
マチューさんの話を、訳してくれました!

ささやく素敵な英語。
自分で聞き取りたかった!!

演奏は。
私ごときが、簡単に言葉で表現してはいけない。
そう。こちらもうまく伝えられない。
表現することができない。
表現してしまったら、小さく伝わってしまいそうで、
なんともいえない・・・・・。
アコーディオンをひくんですが、すごい音なんです。
YAMAHAの「YAMA」を消された「HA」シンセサイザーから
発せられる打込みの音に合わせ、アコーディオンを
リズムメロディのように鳴らし、ボイスパーカッションというか、
ボイスで、そこに無い音を補う感じ・・・
あー、私が説明するとどんどん小さく伝わる気がする・・・。
偶然にも、私が大阪にいる間に、来日されてみれたことが
本当に幸せです。
彼の全てを物語るかのような、
ファッションにもびっくり。
左右の革靴は、うす茶と茶色で別物。
ハイソックスも左右、無地とドラゴンで別物。
紺色のショートパンツにジャージ。
着こなしている!
とにかく、すごい!

音楽三昧の中津ヒポポタマスの夜でした。

ロホレガロとマチューさん。
動画ばかりで、写真とってなかった!!

カウンター前。ジャージ・短パンのマチューさん。
イケメンです!
そして、カウンターの中。
ロホレガロのベーシストのDAIさん。
この日のパートは「バーテンダー!!!」とライブ中に紹介され
カウンターの中で踊ってました。ゆるすぎて最高です。
左のナイスポロポーションの男性。ロホレガロと、a million bambooのトロンボーンのスミさん。
きょとんとした話方が素敵すぎます!
f0233772_22162389.jpg



前日。うえっち前にて
ロホレガロのヴォーカルきょんきょんと♪
私の後ろで見えないのが、ロホレガロ・a million bambooのパーカッションのなっかんさん。
他にもcopasalvoとか、たくさんの経歴を持ちますが書ききれません!!
ひとついえるのは、なっかんさんの作る曲は哀愁漂い素敵なものばかりということ!!
お店の入口の方が、うえっち店主のうえっちさん。
なにもかもがおいしく、居心地がよく、はじめていったお店じゃないみたいでした!
f0233772_22334656.jpg

うえっち。肉も魚もおいしいお店。
酒菜 お食事 うえっち
大阪市北区松ケ枝町7-7







●C-RAG●
大阪発の伝説のレゲエバンド"ザウンドシステム(Zound System)"の元リードシンガー&ソングライターです。
日本人ではじめてジャマイカのサンスプラッシュに出演し、楽曲の中には忌野清志郎などがカバーする曲もあります。
C-RAG (福島祥郎 / フクシマヨシオ)
1953年5月24日大阪生まれ
1980年 ZOUND SYSTEM 参加
1985年 別プロジェクトとして「大阪パラダイス」を結成して
有山淳司、ベイカー土居らとミュージシャンユニオン的な活動をする
1994年 ZOUND SYSTEMでBOAT CLUB ROADがヒット
石田長生、忌野清志郎などによりカバーされ
FM802 ヘビーローテーションとなる
以後、活動を南米音楽に傾く
CD-R「FLORESTA ~人と あると~ C-RAG」に結実
木村充輝に「恋するマリー」を楽曲提供
アルバム「小さな花」10曲目にクレジット
その他、BAHO、石田長生、CHAR、アズミ、後藤ユウゾウらにも
別バージョンでカバーされている。
現在も大阪を中心として活動中。




●Rojo Regalo●
f0233772_1753370.jpg

2006年、大阪にてpico中島(aka. copa salvo)が中心となり結成する
ONE LOVE, UNITY ジャンルやシーンなどを混血することで新しい音楽が生まれる
長年つちかってきた愛する中南米音楽を日本人のアイディンティティ―と融合させ、そこにこのバンドの生き様の原動力となる真の愛の力と反社会的メッセージをのせた「大阪南米フューチャーミクスチャーダンスアンドレベルミュージック」を完成させる。アフロキューバン、クンビア、レゲエ、ヒップホップ、パンク、J-POP、まさに未来系の混血音楽ロホレガロ。
革命的な楽曲に荻野恭子の太くパワフルでかつ哀愁のある歌声
今、もっとも日本に足りていない音楽の一つである。
活動は海外へも積極的に出向き昨年EUツアーをこなすなど
世界標準な音を発信させている。
これまでに、Down Beat Ruler/FIGHT FOR RIGHTS/RAGGA CHANNEL/ ロホレガロ主催EL CHOCOLATEなどのイベントに参加。
Down Beat Ruler Vol,3 コンピアルバム参加。
htto://www.myspace.com/rojoregalorojoregalo
< member >
荻野キョウコ (Vocal)
Pico中島 (Tres,Guitar/Digi,Pad/Perc)
わく本マリの助 (E,Guitar/A,Guitar)
DAI (E,Bass/Contra,Bass)
西村コージ (Conga/Perc)
SHINOBU (Timbales/Perc)
エル☆スミトモアキ (Trombone/Key)

ライヴ映像です CUUUUUUUUUUMBIAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!
St,Maria in BXL
http://www.youtube.com/watch?v=jGHgvJuMoag
Bambi in つくば with PACHUKABRAS RYO
http://www.youtube.com/watch?v=MRmBk-dPns4





●MATTHEU HA (マチュー・ハ)●
f0233772_1755690.jpg

http://www.myspace.com/istes
「仕事はするな! 子供の様に夢中になれる‘何か’を見つけろ!」 (blog引用)
ベルジャンとベトナムのやんちゃくれ混血児マチュー。
ブリュッセル在住、いや世界国在住と言った方が似合う。
彼のコンフューズミュージック。
メルヘンでムチャクチャで素晴らしい、、、
トレードマークの半ズボンにドラゴンのハイソックス、
アコーディオンに謎の機材、ファルセットで歌う姿。
知れば知るほど彼の音楽はレヴェルであり愛に満ち溢れている。
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-21 17:07 | おと
どんな顔で~逢いにきたの~マイスティースライブ偏
1年前の今日。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
THE MICETEETH.は本日を以って活動を終止し、解散致します。

応援して下さった方々、見守って下さった方々、音源、ライブ等を心待ちにしていて下さった方々には本当に申し訳なく思います。

活動は9年間でした。個人と個人の音楽のやりとりです。その為、解散の事由を個人を越えて説明するには、言葉そのものが不在です。

どうかご理解下さい。

でも、9年間、すごく面白かった。ありがとう。

ありがとうございました。


THE MICETEETH. , We am


2009.04.20

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


それから約1年後。

4月16日。

シャングリラでのマイスティースの解散ライブ。

f0233772_2222546.jpg



うまくいえないけど、雲の上にいたような時間でした。


「お葬式?お盆?みたいなもんやな。1月のライブで迎えに行って、
今回のライブで送るーみたいな感じやな?」
と、次松くんが今回のライブを説明しました。

1曲目は、大好きな曲。
Oldman Scienceでスタート。

もうそれからは、会場は
ずっとユサユサです。
はじめっから、次松くんは超酔っ払いで登場。
片足をもう片足のひざ?のあたりにのせて
すごく可笑しい立ち姿で歌う。。
中盤、マイクスタンドに、酔っ払いながら
体重をかけ、足元はふらふら。
お客さんは母のような気持ちで見守り・・・。


アンコールの2回目で、オリジナルのメンバーが登場!
ダブルのホーン隊に圧巻です。

最後のほう。歌なしの曲。「トルキッシュコルト」で、
フロントマン次松くんの姿が見えず・・・・

あれ?あれ?
いた!!!

オリジナルのホーン隊も加わった後だったので、
ホーン隊がまえにずらっと並んでいる後ろに、
壁にもたれ爆睡!!!!

メンバーも、お客さんも
みんな、あたたかい目でそれを見て、
次のアンコール曲「Rainbow Town」
みんなの視線をあびながら、
起きない!!
ヴォーカルがいないので、
お客さんみんなで熱唱。
起きない!!!

「Rainbow Town」の最後のほうで、
やっと起きたけど。。。寝ぼけてふらふら。
まともに歌えてない。笑

曲も終わり、ありがとう~~みたいな感じで
メンバーみんなであいさつしてたら、
「おぉぉおれ、いぃいま、やっと・・・ぉ・おきた。。!笑」

f0233772_22232580.jpg


やっとお目覚めのようで。
お客さんもメンバーもみんな大爆笑。
(すごいあたたかい空気が流れました)
そしたら次松くん。
「真剣に寝ている人を笑ったらいけません。もう1曲歌えばええやん?」
というわけで、眠ってしまってまともに歌えなかった、
「Rainbow Town」
を最後にもう1回!!


メンバーの優しさが会場に流れ、
お客さんみんながあたたまり、
やわらかい、あたたかい空間でした。

たっぷりの3時間にわたるライブ。
サントリーさんのご厚意の、
山崎をみんなで回しのみして酔っ払って。

ほんわかでした。


ライブで歌ったと思われる曲。
どこかのブログから引用しました。

01 Oldman Silence
02 Guilty Boy
03 Ohio Man

04 Tomorrow more than words
05 Sleep on Steps
06 one small humming to big pining <夜明けの小舟>

07 -ネモ-
08 Salvia
09 霧の中

10 ゴメンネベティ
11 檸檬の花が咲いていた
12 THE SKY BALL

13 あいのけもの
14 春のあぶく

En01
15 陽のひとひら
16 春の光

En02
17 Please, please take me down
18 ムーンリバー
19 トルキッシュコルト
20 Rainbow Town

21 Rainbow Town(歌いなおし)




マイスのみんなも、マイスのファンも
「Rainbow Town」
でいつでも会えるんだなぁ。
と、踏切次第の「Rainbow Town」の説明を、
思い出しました。

今回が、一回忌だとしたら、
三回忌とか。七回忌とか。
あったらいーなー。

f0233772_22274828.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
これは僕の考え方ですが、色々な人と出会っては別れていくなかで、
   もう一度逢いたかった人々が暮らす架空の街を頭の中に造る〈レインボータウン〉
   という遊びがあります。そこに行けば、いつ誰とでも対話が出来ます。
   縁があって(円が合って)実際にもう一度会う人もいますが、
   そうでない人々はその街で時間の流れと共に日々変化していきます。
   〈あれはどうなったんだろう〉の続きは、その街でたくさんの時間をかけて
   話してもらえばいい。僕はそれで十分満足なのです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-20 14:25 | おと
おーさかでいず
今回のオーサカ旅。
やり残しなく過ごしてこれました!!!

・きょんきょん・なっかんさんに会う。
・マイスティースのライブに行く。
・串揚げ屋にいく。
・オーサカのおばちゃんと話す。
・お好み焼きを食べる。
・たこ焼を食べる。
・商店街を歩く。
・通天閣にいく。
・新世界をふらつく。
・道頓堀をふらつく。
・万博公園にいく。
・大阪城をみる。
・ヘップファイブの観覧車にのる。
・関西うどんを食べる。
・ミックスジュースを飲む。

f0233772_1041232.jpg

7年ぶり会うのは4度目くらいのきょんきょん。
今はロホレガロのウタヒメです。


f0233772_10413446.jpg

串揚げ屋でひっかけ。


f0233772_1041574.jpg

マイスティース、ライブブブブ!!!!


PLUS!!!思いがけない時間。

・きょんきょんのロホレガロのライブ
・オーサカレゲエの兄貴のライブ
・Matthieu Ha(マチュー・ハ)のライブ
・うえっちにて飲食。いろんなことを思う話ができました!




帰ってきたくないくらい、楽しかった!!!




のちほど、
・マイスティースライブ編
・ロホレガロ・Matthieu Ha ・兄貴のライブ編
・オーサカくいだおれ編
・・・・and more!
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-19 10:42 | いやし
いざオーサカ
f0233772_959811.jpg

f0233772_959871.jpg

とうとう、きました。

オーサカへ空の旅。

マイスティースのライブに。。。入れるか。。私。

いってきます!


空港は、当たり前だけど、みんなが超まじめで検査するもんだから、何もしてないけど、何か不都合があるのでは。。と、なんかドキドキする。

たとえれば、夜、飲酒運転じゃないのに、パトカーに後ろ走られてテンパる感覚。

ドキドキする。


いってきます!
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-16 09:59 | いやし
天婦羅 多古助
多古助の三代目のたーくん(いとこ)。
いとこが天婦羅をあげて持ってきてくれました。
しかも多古助秘伝のタレ付!

とくれば・・・・おうちで天丼♪

f0233772_14273310.jpg



私は、多古助の孫ですが、
たーくんが、おいしい天婦羅を揚げてくれるおかげで、
私は天婦羅をあげれません・・・・。



そして、たーくんの多古助ブログは、
なぜかサッカーのことばかり・・・。
お店の紹介が・・・場所が・・・・。
というわけで、こちらです。


「天婦羅 多古助(たこすけ)」
福島県福島市方木田字水口36-7
電話 024-545-0996
営業時間 要確認

初めての方は、秘伝の甘いタレで食べる
「海老天丼 980円」
がおすすめです!
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-15 14:44 | おみせ(のみくい)
「どこでもOCHA会」 DESK茶会 編
会社の女の子と、
午後、みんな外出した後に・・・

JAPANISE TEA TIME!!!!


私、実は、たまに持ち歩いているんです。
お抹茶と茶筅!!!そして干菓子!!!
おいしいお抹茶と干菓子があるとき限定ですが。

意外と、お抹茶を点てて、差し上げると
喜ばれます。


今回は、会社の女の子に一服。
抹茶碗がないので、
会社のみそ汁用のお椀で点てて、
そのお抹茶をマグカップにドポドポドポ・・・
ティッシュにお干菓子を。。。。

DESK 茶会の完成。

午後の陽だまりと、
いつもと変わらないDESKの前で、
ほんのちょっとだけの非日常。


f0233772_13393998.jpg





鎌倉にある家元邸に講習会で伺ったときに、
お家元が、茶道文化の底辺の拡大ということで、
「お抹茶を周りの人に点てて、服してもらう機会を増やそう!」
というようなお話をされていたんです。


今回は、マグカップにティッシュで、
ちょっと邪道すぎましたが・・・・・。

「どこでもOCHA会」。
これからもやってきます!!

野点とか行きたいな~。





「会記」
お抹茶   幸の白・小山園(京都)
お干菓子 糸にしき・清水菓舗(大阪)
お茶碗   スヌーピーマグカップ(セブンイレブン景品)
お菓子器  ティッシュ(ネピネピ)
お花    窓から見えるもの
お軸    日めくりカレンダー(今日の言葉「厳しさを苦痛としない心を養おう)
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-14 13:56 | ちゃ
堂々~AS SOON AS
土曜日の夜は、
今月いっぱいで閉店してしまう日本酒・焼酎。串揚げの店「堂々」にいってきました。
堂々の梅さんは本当に幅ひろいオタクな人。

久しぶりにたくさんお話できました。
たまにしか会えないけど、
いつも変わらない梅さん。
会うとほっとする。

「梅さん」 「梅」 と呼び合うのもよく考えると、おかしいです。

堂々では、串揚げの他、煮込みやカモ肉の塩焼とか。
おいしいおつまみで焼酎お湯割り。
しっかり堪能しました。

f0233772_15462894.jpg



その後、AS SOON AS の independant vol.130 9th ANNIVERSARY !! へ。

お茶で同じ社中の仲良しのDJ・SHIHO。
一服ならぬ一音をいただきにいきました!

彼女は、ナチュラルな雰囲気に反し超機械音!!!
彼女の回すのを聴きながら、焼酎のみながら
DJネームのa.k.a.を考えました。
「エレクトサジン」
「チャーケンサー」
怒られるかな?笑。
普段は機械音は聴かない私ですが
彼女のきめ細やかな音楽は
すっと入っていけるような気がします。

ほとんどわからないですが、DJ.SHIHO。かわいいです。
f0233772_1559236.jpg


こちらもほとんどわかりませんが、久しぶりに会ったディージェイ.ブラッドリー。日本語達者です。
f0233772_160516.jpg

[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-13 16:07 | おと
花見山
今となっては、1年で1番の福島市の観光SPOT。
花咲かじいさんが咲かせた花見山公園。

f0233772_10282799.jpg


とてもいい色合いに色づきはじめてた♪

f0233772_10284932.jpg


観光客がたくさんで、
福島ではないみたい。

f0233772_1029741.jpg


いろんな花が一気に見れて
いろんな色が見れて楽しいです。

f0233772_10291796.jpg

[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-13 09:57 | いやし
nagaitasoukazari

f0233772_17381161.jpg


春のお稽古は、
お茶碗も、お棗も桜が満開です。

今回から、長板総飾りでお濃茶・お薄をしました。


長板の総飾りのお点前とは、
長い板(木地と塗りがあります。今回は塗り。)の上に、
風炉釜・お水差し・建水・建水の中に蓋置、
柄杓立に柄杓を飾り、お濃茶器も飾っておる状態で、
布巾・茶筅・茶杓を入れたお茶碗で一服のごあいさつします。

全て、出ているので、お運びの段階では楽ですが、
いつもと位置が違うと、・・・・・・・・順序が・・・
頭の中がどんどん白くなっていきます。



お道具の取り合わせ、
何の季節、何の行事にいいお点前なのかとか、
全然わからないなぁ~と、
新しい途方にくれてしまいます。

よくお茶の先生たち(over70)が、
「お茶は一生勉強なのよ~」
といわれますが、本当にそう思います。

途方にくれ・・・・覚えてくると、
また違う途方にくれ・・・・・
の繰り返し。


そして、意外と、小さいけど大事なことの、
書物がないのもお茶の面白いところだな~
と思います。

いろんな情報があふれている今だけど。。。

人から人へ・・・・。
そうやって、少しずつ
伝えなくちゃ意味のない文化なんだろうな。




お濃茶「九重の昔(お詰:丸久小山園・京都)」
お薄「幸の白」(お詰・丸久小山園・京都)

お菓子
主菓子「大納言巻(???・京都)」
干菓子「麦こうせん(???・京都)」

お花
「椿」
椿が見られるのも、あと少しです。
[PR]
by uuumerusieee | 2010-04-10 15:31 | ちゃ